脱毛出来ない条件

脚

もしかして、あなたは当てはまってない?脱毛が出来ない条件

実は脱毛は、出来ない箇所や場合もあります。あなたも当てはまっていないかチェックしていきましょう。ちゃんと対策しておけば当日サロンに断られることもないですから、是非知っておきましょう。
梅田などでのサロンでは、脱毛条件を設けているようです。それは、これまでに癌になったことのある方、糖尿病や心疾患などの持病を持っている方、ペースメーカーをつけている方、アルコール依存症の方は脱毛を受けることは出来ません。また、てんかんや光アレルギーの方も出来ません。健康状態によって肌にトラブルが出る可能性があるからです。一時的に脱毛が断られる場合もあります。それは、体調が良くない場合や日焼けをしている方、妊娠中や授乳中もそうですし、予防接種を受けた直後も出来ません。つまり、普段通りの健康状態でなければいけません。脱毛当日に合わせて体調管理をしっかりと行っていきましょう。
器具の特性のよって、脱毛が出来ない箇所もあります。脱毛器具はメラニン色素に反応するので、シミやホクロなどの箇所は脱毛が行なえません。また、色素の濃いタトゥーの部分、傷や傷跡の部分も施術は出来ませんので、カウンセリングの時にサロンのスタッフに説明しておきましょう。デリケートな箇所やアトピーや吹き出物がある箇所も出来ません。肌が敏感になっている箇所に行うと肌トラブルを招いてしまうことになりますので、きちんと理解した上で脱毛を行ってくださいね。
健康状態や皮膚の状態で脱毛が出来なくなったりしますので、体調管理と肌荒れ防止にスキンケアを行って脱毛に挑みましょう。

Copyright© 2018 脱毛をするその前に!知っておきたい脱毛知識 All Rights Reserved.